分譲住宅|株式会社横尾材木店 > 株式会社 横尾材木店のスタッフブログ一覧 > 住宅ローンの金利タイプ・借入先・借入れ方をわかりやすくまとめました

住宅ローンの金利タイプ・借入先・借入れ方をわかりやすくまとめました

カテゴリ:お役立ち情報


住宅ローンは、金融機関ごとにさまざまな種類の商品が提供されていています。

住宅ローンを決める際に、どれを選べば良いのか迷う方も少なくありません。

 ここでは住宅ローンを、金利のタイプや借入先などの観点から大まかに分別し、それぞれのメリットとデメリットを解説します。

 


住宅ローンの金利タイプ

住宅ローンの返済額には、借入額のほかにも金利(利子)が含まれます。

住宅ローンの商品は、金利のタイプによって「固定金利型」「変動金利型」「固定期間選択型」と大きく3種類に分けられます。

 

固定金利型の特徴

固定金利型の住宅ローンは、返済が完了するまで一定の金利を払い続けるタイプの商品です。

 

金利は借入時から変わらず月々の返済額もほぼ同じため、返済計画が立てやすいのが特徴。

将来、子どもの教育費がかかるなど、ある程度の資金計画が決まっている方におすすめのプランです。

 

固定金利型のメリット

・月々の返済額がほぼ一定のため、返済計画が立てやすい

・景気の変動に左右されない

 

固定金利型のデメリット

・他の金利タイプと比べて金利が高い

・低金利が続くと、利息額を多く払い続けることになる

 

変動金利型の特徴

市場の金利動向に合わせて住宅ローンの金利が変動するタイプです。

 

随時変動するわけではなく、5年間は一定の金利で推移します。

また急激な金利上昇があっても、上限は25%アップまでと定められています。

 

ただし、市場の金利が25%以上アップした場合には、次回の金利見直しで繰り越されることもあります。

こうした変動にも対応できる余裕がある方に向いたプランです。

 

ちなみに、低金利が続く現在は、住宅ローン契約をされる方の大半が「変動金利型」の商品を選んでいます。

 

変動金利型のメリット

・他の金利タイプと比べて金利が低い

・低金利が続けば、トータルの返済額を抑えられる。

 

変動金利型のデメリット

・景気変動の影響を受けやすい

・金利が上昇すると返済計画にも影響が出る

 

固定期間選択型の特徴

当初は金利が固定され、一定期間後に変動金利への変更ができるタイプの住宅ローンです。

 

固定期間は2年、5年、10年など商品によって異なり、市場の金利動向を見てそのまま固定金利を選ぶことも可能です。その場合、当初の固定金利よりも金利がアップすることがあります。

返済期間をできるだけ短く設定される方に、メリットのあるタイプです。

 

固定期間選択型のメリット

・固定期間中は返済額が一定なので、返済計画を立てやすい

・固定期間中は、固定金利型より低い金利で借りられる

 

固定期間選択型のデメリット

・固定期間が終わると、返済額が増える可能性もある

・固定期間中は金利優遇されているプランを選んだ場合、市場金利が契約時と同じでも、固定期間終了時には金利がアップすることがある

 


住宅ローンの借入先の種類


住宅ローンの商品を取り扱っている機関は、銀行などの金融機関が提供する「民間ローン」のほかにも、住宅金融支援機構が提供する「フラット35」、財形住宅金融株式会社と住宅金融支援機構が提供する「財形住宅融資」もあります。

 

民間ローンの特徴

メガバンクや地方銀行などの金融機関や、住宅ローン専門会社が提供する商品です。

各社で独自の住宅ローン商品を提供していますから、種類も豊富。金利も商品によって異なり、自分に適した商品を見つけやすいでしょう。

 

審査基準が厳格なところが多く、給与所得者など安定した収入のある方に向いています。

また、変動金利型や固定金利期間選択型を検討されている方にも、メリットが享受されやすいでしょう。

 

民間ローンのメリット

・住宅ローンの種類が豊富で、自分に適した商品を見つけやすい

・より金利の低い住宅ローンを利用できる可能性がある

 

民間ローンのデメリット

・種類が多く、知識がないと選定が難しい

・借入時に保証料が別途必要なところもある

 

フラット35の特徴

住宅金融支援機構が提供する住宅ローンです。

販売は民間の金融機関や住宅ローン専門会社などに委託しており、利用申し込みなどは各社の窓口となります。

 

最大の特徴は、金利タイプが「固定金利型のみ」ということ。

固定金利型の商品を検討されている方なら、フラット35も検討したい商品です。

 

また、一定の年収があれば利用できるなど、民間ローンほど審査が厳しくないことも特徴。他のローン商品を利用されている方でも安心して申し込めるでしょう。

 

フラット35のメリット

・民間ローンほど審査が厳しくない

・固定金利型なので、返済計画が立てやすい

 

フラット35のデメリット

・民間ローンの変動金利型商品よりも金利が高い

・物件価格(工事費用)に対する借入額の割合が高いと、金利が高くなる

 

財形住宅融資の特徴

財形住宅融資は、財形住宅金融株式会社と住宅金融支援機構の2つが提供しています。

財形住宅金融株式会社は、主に企業の福利厚生で「財形住宅融資制度」がある会社に勤め、財形貯蓄をしている方が利用するものです。

一方の住宅金融支援機構は、自営業の方などが利用するものです。

 

金利タイプは5年間の固定金利型で、5年ごとに金利を見直します。

利用条件は、貯蓄を1年以上続けている、貯蓄残高が50万円以上あるなどの条件を満たす必要があります。

 

財形住宅融資のメリット

・民間ローンと比べ金利が低い

・フラット35と併用する場合、さらに金利を下げることも可能

 

財形住宅融資のデメリット

・財形住宅融資制度がない企業の従業員は利用できない

・借入可能額の上限額は貯蓄額の10倍または4,000万円まで

 


住宅ローンの借入方法の種類


通常の住宅ローンの場合、契約者は一人ですが、商品によっては夫婦それぞれで契約できたり、あるいは夫婦で一つの商品を契約したりといった住宅ローンもあります。

 

ペアローンの特徴

ペアローンは、二人で別々の住宅ローンを利用するタイプの商品です。

二人で別々にローンを組むことになるため、審査は二人とも通過しなければ利用できません。

 

ペアローンのメリット

・借入可能額が増やせるので、ワンランク上の住宅を購入しやすい

・住宅ローン控除を二人とも受けられ、節税効果が高い

 

ペアローンのデメリット

・契約時の事務手数料などの諸費用が2倍かかる

・出産休暇や退職など、一方が無収入になっても返済額は変わらないため、収支計画に影響が出る可能性がある

 

連帯債務の特徴

連帯債務は、二人で一つの住宅ローンを利用するタイプの商品です。

 

審査は二人とも通過する必要がありますが、契約する住宅ローンは一つのため契約時の諸費用は一つ分で済みます。また、住宅ローン控除や団体信用生命保険は、夫婦ともに適用されます。

 

ただし、民間ローンの場合、片方(連帯債務者)は団体信用生命保険に加入できません。

 

連帯債務のメリット

・ペアローンより契約時の諸費用を減らせる

・住宅ローン控除を二人とも受けられ、節税効果が高い

 

連帯債務のデメリット

・借入できる金融機関が限られる

・民間ローンだと、連帯債務者は団体信用生命保険に加入できない

 

連帯保証の特徴

夫婦のどちらかが住宅ローンの契約者となり、もう一人は連帯保証人となるタイプの商品です。

契約者が万一、返済ができなくなった場合は、連帯保証人に支払い義務が生じます。

連帯債務と違い、住宅ローン控除や団体信用生命保険は、契約者のみ適用されます。

 

連帯保証のメリット

・収入を合算させることで、借入可能額が増やせる

・ペアローンより、契約時の諸費用を減らせる

 

連帯保証のデメリット

・連帯保証人は住宅ローン控除が適用されず、節税効果が薄い

・連帯保証人に万一のことがあっても、団体信用生命保険に加入できないため保証されない

 

まとめ


ひとくちに住宅ローンといっても、選ぶ要素は複数あります。

それぞれの商品は、ライフスタイルや資金計画の考え方などによって、向き不向きが存在しますので、単に金利を見比べるだけではなく、それぞれの商品のしくみを理解して行く必要があります。

 

横尾材木店には住宅ローンアドバイザーを始めローン業務に精通したスタッフが数多く在籍しています。

お客様の状況や希望に沿った住宅ローンをご提案が可能ですので、家づくりをお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

 

≪ 前へ|自分の年収で借りられる住宅ローンはいくらまで?無理のない返済額と借りて良い金額との違い   記事一覧   住宅ローンの借り方 融資までの流れと事前審査と本審査とは? |次へ ≫

タグ一覧

トップへ戻る