分譲住宅|埼玉・群馬・栃木・茨木の分譲住宅なら株式会社横尾材木店 > 株式会社 横尾材木店のスタッフブログ一覧 > フラット35とは?最新金利や銀行ローンと違いや選び方をわかりやすく解説

フラット35とは?最新金利や銀行ローンと違いや選び方をわかりやすく解説

カテゴリ:お役立ち情報


住宅ローンを考える中で「フラット35」という言葉を良く目にされているかと思います。

多くの方にとって聞き覚えがあるものの、フラット35がどのようなものか分からないという方は少なくありません。

 

ここではフラット35がどのような住宅ローンなのかを解説します。

また、フラット35と通常の銀行ローンとの違いについても説明するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 


フラット35の概要

まず、フラット35を大まかに説明すると、長期固定金利の住宅ローンとなります。

 

住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携して提供している金融商品の一つで、返済期間が全期間固定金利となっており、融資時に決定した金利が最初から最後まで続くのが特徴です。

借り入れの申し込みの際に毎月返済額や総返済額が確定するため、返済計画が立てやすく、それでいて金利の変動にも強く、社会情勢に左右されにくいという特徴を持っています。

 

そのほかにも多くの強みを持っており、将来の家計まで細かくシミュレーションしたい方などから支持を得ています。

 

 


フラット35の金利

住宅ローンの金利は時代によって変わるものの、フラット35の場合は契約した時点で決定するのが特徴となっています。

 

フラット35の金利については、以下で詳しくまとめます。

 

フラット35の金利が決まる仕組み

 

フラット35の金利は「全期間固定金利」となっており、長期金利と連動して決まるのが特徴です。

長期金利の代表的な指標とされる10年国債金利と連動して決定される仕組みとなっているため、フラット35の金利が知りたい場合は10年国債金利を確認するのが良いでしょう。

 

10年国債金利の金利が下がればフラット35の金利も下がり、10年国債金利の金利が上がればフラット35も上がります。大変動はないものの、フラット35を使用するにおいて今後35年間の返済生活を決める金利となりますので、金利がどのようになっているのかを理解しておきましょう。

 

フラット3520235月の最新金利

 

フラット3520235月の最新金利は以下のようになっています。

あくまでも現時点での金利ですが、フラット35の契約を考えている方は参考にしてみてください。

 

返済期間

1520

2135

適用金利

1.4002.660

1.8303.090

最頻金利

1.400

1.830

 

以上の金利からわかるようにフラット35では1520年という借入期間で年1.400%の金利となることが少なくありません。

2135年という借入期間であれば年1.830%の金利となることが多くなっています。

 


フラット35のメリット・デメリット


フラット35にはメリットもデメリットも存在し、借入時と返済時によっても変わります。

 

借入時のメリット・デメリット

 

借入時のメリット

・保証料がかからない

・団体信用生命保険の加入が任意である

借入時のデメリット

・物件の検査が必要となる

・諸費用は補えない

 

フラット35は借入時のメリットとして、保証料がかからないことや団体信用生命保険の加入が任意であることなども挙げられます。

 

デメリットとしては物件の検査が必要となるほか、諸費用の分までは借り入れできないために、自己資金も必要であることが挙げられます。

 

返済時のメリット・デメリット

 

返済時のメリット

・返済計画を立てやすい

・繰り上げ返済に手数料がかからない

返済時のデメリット

・良くも悪くも金利の影響を受けない

・金利が若干ながら高めに設定されている

・団体信用生命保険に加入する場合は別途お金がかかる

 

フラット35の返済時のメリットとして、借り入れ時点の金利で固定されるため返済計画を立てやすいことや、繰り上げ返済に手数料がかからないことなどが挙げられます。

 

デメリットとしては変動金利型と比較すると金利が少し高めに設定されていることや、団体信用生命保険に加入したい場合は別途で費用がかかることも挙げられます。

 

また、これはメリットにもデメリットにもなりますが、金利の影響を受けないため、金利が上がった場合は影響がない反面、金利が下がった場合も恩恵を受けられないという面も存在します。

 

 

フラット35はどんな人に向いていて、どんな人には向いていないのか?

 

フラット35が向いている人

・金利の変動に不安がある人

・転職直後や自営業で収入が安定していない人

・健康の問題で団体信用生命保険に加入できない人

フラット35が向いていない人

・毎月返済額を最優先に考えたい人

・変動金利の低い金利で経済的負担を減らしたい人

・他の銀行ローンで金利優遇されている人

 

フラット35は長期間固定金利となるため、金利の変動に左右されたくない人や転職直後や自営業で収入が安定していない人、団体信用生命保険に加入できない人に向いているといえます。

 

対して、毎月の返済額を最優先に考えたい、変動金利の低い金利で経済的負担を少なくしたい、他の銀行ローンで金利優遇をされているといった人には向いていません。

 

 


フラット35と銀行ローンどちらを選ぶべきか?

 

フラット35と銀行ローンのどちらを選ぶべきなのかについても、向き不向きというものがあります。

 

フラット35と銀行ローンで比較する際のポイント

 

フラット35にすべきか銀行ローンにすべきか迷った際には、以下の4つの観点から比較しましょう。

 

1.  審査が厳しいかどうか

2.  保証料がかかるかどうか

3.  繰り上げ返済の手数料がかかるかどうか

4.  団体信用生命保険に加入すべきかどうか

 

住宅ローンを借りるには審査を受ける必要がありますが、フラット35は比較的審査も緩い傾向があります。

そのため、事前審査や本審査に難なくクリアできそうな場合は民間ローンを選ぶ選択がありますが、逆に審査に不安がある場合はフラット35を選ぶのも良いでしょう。

 

また、保証料も大きなポイントです。銀行の住宅ローンの中には保証料がかからないものもあるものの、借入額に対して12%ほどかかるものもあります。

住宅ローンは数千万円という額で借り入れるため、数%でも大きな負担となります。

フラット35は原則として保証料が必要ありませんので、保証料を節約したいならフラット35を、保証料がかかってもその他のポイントでメリットが大きいのであれば民間ローンも視野に入れるのが良いでしょう。

 

そのほか、繰り上げ返済の手数料も考えておきましょう。

収入が増えた際に、老後に備えて繰り上げ返済を行われる方も少なくありませんが、銀行によっては繰り上げ返済する際に手数料を取られる場合があります。

フラット35は繰り上げ返済の手数料も無料です。

 

そして、団体信用生命保険に加入すべきかということも特に重要な要素でしょう。

団体信用生命保険とは、契約者本人が死亡したり高度障害となったりした場合、保険金が下りる仕組みの保険です。

フラット35では団体信用生命保険への加入が任意ですが、民間ローンでは加入が必須とされていることも多いです。

加入の是非でどちらを選ぶべきか判断するのも良いでしょう。

 


フラット35と銀行住宅ローンを比較するポイント

フラット35にすべきか銀行にすべきか迷った場合、どのような点を比較すべきなのでしょうか。

 

ここではそれぞれを比較するポイントをまとめます。

 

審査の通りやすさと付加価値サービス

 

まずは審査の通りやすさや、付加価値サービスを考慮しましょう。

前述の通り、フラット35は比較的審査が通りやすいものの、銀行などの金融機関では年収はもちろん借入時年齢、完済時年齢、健康状態、勤続年数など数多くの項目で審査がされます。

そのため、審査の通りやすさを見てから判断することがポイントです。

 

しかし、銀行には独自の付加価値サービスも存在します。。

金融機関によっては病気が怪我をした際にセカンドオピニオンを受けられる、、24時間電話相談ができる、ポイントが付与されるといったものもあるため、こうした付加価値サービスも比較の要素として確認しましょう。

 

団体信用生命保険は必要なのか?

 

フラット35では団体信用生命保険への加入が任意ですが、多くの銀行ローンでは加入が必須です。団体信用生命保険は契約者本人が死亡もしくは高度障害となった際に残りのローンを一括返済してくれる保険ですので、特に、死亡や高度障害に備えたいということなら団体信用生命保険への加入をおすすめします。

 

団体信用生命保険の加入は契約時に考えなくてはならないため、慎重に判断する必要があります。

 

フラット35を利用できないことも?

 

金融機関によってはフラット35を取り扱っていないこともあります。

いくら自分がフラット35で契約したいと思っていても、後になってから行き詰まることもあります。

 

そのため、契約の前に必ずフラット35を利用できるのかどうか確認しましょう。

住宅ローンは人生に関わる重要な決断でもありますので、そこはファイナンシャルプランナーなど人生設計のプロに相談することも重要です。

ファイナンシャルプランナーであれば契約者本人の年収などから最適な住宅ローンの返済計画も立ててくれるため、より無理せずに夢のマイホームを取得できます。

 


まとめ

フラット35は、銀行ローンとは違って長期固定金利のみで審査も比較的通りやすいのが特徴ですが、必ずしもメリットだけではなくデメリットも存在します。

どちらが良いとも悪いとも言えないのが正直なところで、自分に合った方で契約するのが最適解となります。

 

まずはそれらフラット35の特性と銀行ローンの特性を知り、その中でも本当に良いと思えるところを選ぶようにしましょう。

住宅ローンでお悩みの方はぜひお気軽にご相談ください。

≪ 前へ|年収400万円で住宅ローンは利用できる?年収400万円の借入可能額と無理のない返済額の決め方   記事一覧   住宅の建ぺい率・容積率とはどんなもの?計算方法や制限などの注意点|次へ ≫

タグ一覧

トップへ戻る